毘沙門の家

photo1

photo1
photo1
photo1
photo1
photo1

photo2

photo2
photo2
photo2
photo2
photo2

写真撮影

写真撮影
写真撮影

家の引渡しを9月の中旬に行い

お施主さんが内装工事に手をかけるまえ

照明器具をつけたら写真撮影をお願いしていました

今日からはどんどんと家の中は変わっていくことでしょう

展示会期間中はお施主さんの好意により

オープンハウスとしていただけることになりました

ぜひいらしてください

完了検査

完了検査

本日無事に完了検査が終了しました

建物を新築・増築などするときは

建築基準法により定められている規則に適合しているか

図面の段階で建築確認申請をおこない

中間検査をうけ

工事終了時に完了検査を受けます

引渡しまであと一歩です

養生終了

養生終了
養生終了

工事中は床が傷がつかないように

ベニアで養生をします

設備・電気がついて内部足場が必要なくなったら

養生をはがします

FRPで浴室加工

FRPで浴室加工

浴槽は据え置き型のものをつけます

ただ置いてあるだけです

FRPで浴室加工

浴室自体は現場でFRP加工してつくりました

継ぎ目なしの仕上がりです

外壁工事②

外壁工事②

外壁の工事が完了しました

木ずり板の防水紙の上に

外壁工事②

Wラスを貼り上に防水紙をはり

 

外壁工事②

下塗りのモルタルを塗り

外壁工事②

仕上げの表情になる木ゴテで

上塗りのモルタルを仕上げ

乾くまでおいておきます

外壁工事②

ローラーで塗料を塗っていきます

表面には木ゴテのコテあとがでてきます

内装工事③

内装工事③
内装工事③

屋根には空を見る穴・窓

内装工事③
内装工事③

壁には何にでも使える穴・棚

内装工事②

内装工事②

今回の内装は

水がかかる浴槽部分→FRP仕上げ

火を使うキッチン部分→キッチンパネル(メタル系)・ケイカル板

以外は天井も壁も杉の板です

一階は真壁なので柱に溝を彫ってそこにはめていくので

納まりがとてもきれいにしあがります

内装工事②
内装工事②
内装工事②

2階部分は柱が見えなくなる大壁です

同じ材料でも違う空間にしあがります

外壁工事①

外壁工事①

外壁の木ずり下地ができあがりました

内装工事①

内装工事①
内装工事①
内装工事①

筋交・窓枠・間柱

筋交・窓枠・間柱

建築基準法に準じた筋交を入れて

中間検査をうけます

筋交・窓枠・間柱

開口部のアルミサッシをつけるために

窓台を設置・間柱を入れていきます

構造材ではないですが補助材です

最近の家はこの補助材が細くなってきています

筋交・窓枠・間柱

窓台も柱に刻んで入れ込みます

筋交・窓枠・間柱

アルミサッシの枠を取り付け

内側に窓枠を杉の木で取り付けます

筋交・窓枠・間柱

屋根工事

屋根工事

折半屋根をとめるため梁にタイトフレームをつけていきます

山の部分の間に2本の9センチのボルトでとめます

屋根工事

外壁の外とうちで色がかわります

結露した水滴が滴らないようにペフ(断熱材)が

室内部分にはついています

屋根工事

こみ栓+ボールト

こみ栓+ボールト

構造体の木を組み終え引き抜きを止めるために

『こみ栓』(写真左)と『ボールト』(写真右)を併用しています

こみ栓+ボールト

こみ栓が打ち込まれるほぞ穴です

こみ栓+ボールト

柱とはり 二段ほぞになっています

こみ栓+ボールト

2段目の梁がかかります『渡りあご』という組み方です

こみ栓+ボールト

柱に梁を差し込んでこみ栓で打ちます

上棟当日

上棟当日
上棟当日
上棟当日
上棟当日

土台引き

土台引き

基礎の立ち上がり部分が完成

土台と基礎のずれがないか墨をつけて確認

土台引き

土台を敷きこみ終了

土台引き

通柱の足元

4本の土台と接合 柱は凹で見える形で刻んであります

土台引き

大入れ蟻落し

土台のT型接合部に用いる

大入れにすることでねじれに対する抵抗をもたせることができます

少し肩がはいりこんでいるところです

土台引き

見所!柱が建つと見えなくなります・・・小口えり輪とめ

化粧土台で隅が見えるところに用いられる仕口です

きざみ小屋から③

きざみ小屋から③

土台→梁材→柱と

大工さんは木材を刻んでいきました

基礎に段差があるので打ちあがりの高さを確かめてから柱は刻みます

手刻みにする理由のひとつは柱を”長ほぞ”でとめることです

柱が金物に頼らず自立する姿をみると

建物の強さを実感できます

きざみ小屋から③

建物の四隅に使う通し柱です

意匠にあわせてか柱の性質を見分けて

大工さんが使う場所を決めてくれます

防水工事

防水工事

基礎が地中に埋まる部分は防水をします

今回はFRP防水を選択しました

FRPとは繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)の略称で

ガラス繊維などの強化材(補強材)で補強したプラスチックです。

現場施工で継ぎ目がでないことが長所です

防水工事

補強材で繊維シートをはります

防水工事

成形後の防水面

基礎工事②

基礎工事②

高基礎部分が打ちあがりました

基礎後ろ部分に土を埋め戻すまえに

背面に防水工事を施します

きざみ小屋から②

きざみ小屋から②

芯あり材(木の芯を含んだ材料)・芯なし材など

いろいろな特性をもった材木を

適材適所に大工さんが使う場所を決めて刻んでいます

十字にかかる梁を組む—渡りあご+だぼ

きざみ小屋から②

柱に梁をさす—長ほぞ鼻せん

きざみ小屋から②

梁にかける—大入れあり掛け

基礎工事①

基礎工事①

5/8 

基礎形状にあわせて土を閉め固め

その上にぐり石を敷きます

水道設備にあわせて先行配管を行ないます

基礎工事①

5/11 

フーチン部分にコンクリートを引き

基礎の型枠を組みやすくします

ぐり石の上に防湿シートを引き込みます

基礎工事①

5/11 

基礎の鉄筋の組み方がおわりました

図面通りに施工してあるかチェックします

基礎の立ち上がりが1200ある部分があるの

鉄筋が伸ばしてあります

基礎工事①

5/14

基礎のコンクリート打ち

アンカーボルト・目地材・止水板のチェック

止水板は基礎のベース部分と立ち上がりの

打ち継ぎ部分が地盤面より下になり

そこから水の進入を防ぐために施工します   

きざみ小屋から①

きざみ小屋から①

基礎工事と平行してきざみ小屋では大工さんが

手刻みにて家の構造体を木を加工されています

今回は材木屋さんの一部で行なわれているので

お施主さんと見学に

写真は丸太から梁材などを加工する機械

奥のレールにのった丸太が手前ののこ部分をせまってきます

 

きざみ小屋から①

写真は材木屋の上屋にしまってあったもの

以前の住宅で床板につかわれていたケヤキ一枚物です

お施主さんが購入予定

さてどんな具合に今度の家につかわれるか楽しみです

水盛遣り方

水盛遣り方

ほりこみ部分の土工事がおわり

基礎工事に入る前に

建物の位置と高さを決定します

横板の上部が水平面で今回はGL-900で設定

1階の中でも段差があるので今回は

この工程を2回行います

土工事

土工事

間知石のよう壁を一部取り壊します

間知石(けんちいし)

一間を六等分した一尺(30.3Cm)を石面の一辺とし

奥行きは二倍

石の数を数えれば間数が分かるという間を知る石という

古来からの石材の名前です

土工事

実施設計中

実施設計中

実施設計が終了して

ただいま見積を依頼しています

どんなものができるか模型にて確認

見積を調整するまえに形の確認です

中に入ることはできませんが

建ち姿は確認できます