段原の家

photo1

photo1
photo1
photo1
photo1
photo1

完成見学会:段原の家

完成見学会:段原の家

6月18・19日と完成見学会を開催しました

レフトハンズで家を建てられた方にきていただいたり

懐かしい顔に出会えたりと

営業的にはどうですかね?という感じですが

家を温める”ハウスウォーミング”的には

のんびりとくつろいでいただき大成功

いろんな方と家について話させていただけたこと

その場所を提供していただいた

施主の方・工務店の方に感謝です

完成見学会:段原の家

照明がともりました:段原の家

照明がともりました:段原の家
照明がともりました:段原の家
照明がともりました:段原の家
照明がともりました:段原の家

照明検査:段原の家

照明検査:段原の家

照明器具をつけて

明るさ・使い方・使用機種の確認です

完了気密性能試験:段原の家

完了気密性能試験:段原の家


中間気密性能試験を受けて

工事が完了した時点での状態を測定をしました

測定していただくのはハウスプラス中国の方です

前回の数値を上回ることは間違いないとしても

どの程度か

完了気密性能試験:段原の家

宅の気密性が相当隙間面積1.6㎝2/㎡でした1平方メートルに1.6平方センチメートルの隙間ということです

前回の半分

2.0平方センチメートルを切ったので

気密住宅から高気密住宅へとかわりました

経年劣化のことも考えると

湿度の調節のできる気密住宅ということに

広島の地にあった気密住宅ができあがりました

完了気密性能試験:段原の家

現場の職人さんたちに人気のある場所

現場の職人さんたちに人気のある場所

更地の土地に家が建ち

外構工事が進められ

樹木が植えられました

木々は家を引きたて

街をここち良いものにしてくれます

現場の職人さんたちに人気のある場所
現場の職人さんたちに人気のある場所

お気にいりの場所:段原の家

お気にいりの場所:段原の家

現場の職人さんたちに人気のある場所

2階のホールです

テラスのデッキもくみあがり

さらに気持ちの良い場所になりつつあります

  *  *  *

つかいやすそう

気持ちよさそう

階段がのぼりやすい

今回は現場でいっっぱいほめていただきました

  *  *  *

実感をしていただけると

とてもうれしくなります

建具工事:段原の家

建具工事:段原の家

米松材で加工された建具枠に

次々と現場で

建具がはめこまれていきます

格子戸

 

建具工事:段原の家

上げ下げ障子(和紙未施工状態)

建具工事:段原の家

クローゼットドア(クロスは未施工状態)

お披露目:段原の家

お披露目:段原の家

まちを構成する建物の外観が

足場が取れて

お披露目です

これからは建物まわり

外構の工事につづいて

植栽がおこなわれていきます

お披露目:段原の家

外部塗装工事:段原の家

外部塗装工事:段原の家
外部塗装工事:段原の家

外部の木部と外壁の塗装が終わり

いよいよ足場がはずれて

家の外観が街にデビューです

色は素材のライムストーンの色です

クロス工事②:段原の家

クロス工事②:段原の家

クロスの施工状態を見に現場へ

入り隅は同じクロスを折り曲げたカタチで施工

クロス工事②:段原の家

枠などの木部まわりは先打ちコークで

クロスをかぶせ気味に施工してもらいます

クロス工事②:段原の家

クロス工事①:段原の家

クロス工事①:段原の家

内装工事が着々と進んでいます

木部の洗いが終わり

リボスを2回塗りして

次は壁の仕上げです

クロス工事①:段原の家

 

クロスは大部分を

西武のノイエローブを使用するので

西武の方に施工指導に来ていただきました

 * * *

繊維を織り込んだクロスは

ビニールクロスよりも厚く折り曲げたりするのが難しいので

まずは糊をつける量の調整をして

さらに糊をつけた状態で30分くらい置いておくそうです

そうすると

クロスがやわらかくなり

さらにノビがでてしまうので

壁に貼ってからは動きがなくなり

きれいに施工できるそうです

 * * * 

現場監督・設計者・西武の方と

3人が見守るなか

クロスの職人さんが一枚目をはられました

ビニールクロスにくらべて

やはり施工時間はかかるようです

クロス工事①:段原の家
クロス工事①:段原の家

内装の決定:段原の家

内装の決定:段原の家

本日は日曜日

現場は職人さんたちはお休みです

のんびりと春のあったかい陽射しのなかで

内装材をお施主さんと現場で決定しました

内装の決定:段原の家

大きなサンプルを壁にあてながら決めていきます

次回からは押しピンを忘れないようにしよう

内装の決定:段原の家

写真はたたみの縁です

純綿100%でできています

最近のものはポリエステルでできています

タタミ表の色がかわるように

縁も色がかわるものを今回は選択

設計段階の打ち合わせで

お施主さんが備後タタミについて話してくださいました

今回はどのグレードの畳を指定するか勉強しました

国産の麻糸で織り込んだ畳表を使うことに

お茶の世界ではタタミの目の数で

決められていることもたくさんあるようです

近いうちに福山までタタミ表を見に行こう

造作材:段原の家

造作材:段原の家

内装の造作材は米松材を使用してます

塗装はクリアーで

窓枠は窓に取り付けると写真のように

くぼみに石こうボードを挟み込みます

 

造作材:段原の家

TV台の施工がおわりました

造作材:段原の家

石こうボードの下端部分は幅木のくぼみ部分に

タイルの検討:段原の家

タイルの検討:段原の家

施工場所によって

色のほかに表面の仕上げが気になるので

サンプルをとって現場で決め手いきます

写真では表面の形状がわからないので

特に外部に使用するタイルはすべりにくいものを

断熱工事:段原の家

断熱工事:段原の家
断熱工事:段原の家

全ての外壁に同じように敷き詰められているか

現場でチェックします

施工場所によってバラツキがでないように

外壁の検討開始:段原の家

外壁の検討開始:段原の家

お隣さんの外壁の色を基準に

外壁の色を並べて

検討開始

中間気密性能試験:段原の家

中間気密性能試験:段原の家

レフトハンズでは広島の気候にあわせた

住宅を設計することをこころがけております

今回は気密性能試験を行ないました

住宅の気密性が相当隙間面積3.2㎝2/㎡でした

1平方メートルに3.2平方センチメートルの隙間ということで

5.0㎝2/㎡以下となり

広島では気密住宅と呼んでよいことになりました

気密シートを張らないで

施工方法の工夫でできる数値です

気密補助材の内装などがおわるともう少し数値が

あがることを期待しています

床板・天井板:段原の家

床板・天井板:段原の家

1階の床板が張りあがりました

チーク無垢材です

床板・天井板:段原の家

2階の天井材

杉の上小材です

意匠材が施工されはじめました

 

床板・天井板:段原の家

1階リビングの天井材

唐松の床板の裏面です

現場で検査:段原の家

現場で検査:段原の家

実施設計図で明記して

レフトハンズでは次の検査をして

次の工程へ進むようにお願いしています

現場の監理の仕事のなかで

建物の性能(構造・気密・断熱)にかかわる部分は

丁寧に工程ごとチェックしていきます

施工者によって性能のばらつきがなくなるように

・構造金物の取り付け

(建築中間検査・瑕疵担保の検査もあります

現場で検査:段原の家

窓の取り付け位置

(意匠的なことですが枠の納まり等が決まってしまいます

現場で検査:段原の家

・透湿防水シート

(破けていないか・空気がぬけるところがないか

現場で検査:段原の家

・通気胴縁の施工

(空気が下から上に流れるように施工されているか

現場で検査:段原の家

・断熱材の敷き込み

(欠損部分がないかどうか)

現場で確認:段原の家

現場で確認:段原の家

今度は施主の方と現場チェックです

シートがはりあがり

部屋の感覚がつかめるようになってきたので

今回はキッチンの最終確認

床板の材料も決定したので

キッチンの器具と表面材の確認です

使い勝手と意匠的なことについては

できるだけ現場で再度チェックしていただくことを

レフトハンズではお願いしています

浴室まわり:段原の家

浴室まわり:段原の家
浴室まわり:段原の家

服を脱いですごす浴室

ユニットバスのまわりに外気が

入り込まないように

基礎パッキンをウレタンでつぶして

人通口を断熱ボードでふさいで

配管類をモルタルでうめておきます

浴室まわり:段原の家

ユニットバスも断熱材を張り込んだものですが

建物側にもウールブレスを入れたおきます

木と金物:段原の家

木と金物:段原の家

在来木造は木を組むのではなく

木を金物で止めています

一体寿命をどのくらいで考えているんでしょうね

現在の建築基準法の仕様です

  * * * 

レフトハンズでは予算にもよりますが

・全体を手刻み木組みで

・木組みの良さをのこして金物と併用

などの木造を設計してきてます

  * * * 

今回は

渡りアゴを母屋と梁に

木と金物:段原の家

梁と梁のつなぎ目を追掛大栓継

柱と梁を長ほぞコミセンで

木と金物:段原の家

あと基準法のN値計算にて

金物をつけています

木組みから想像:段原の家

木組みから想像:段原の家

使用材料の確認や

図面通りに施工されているかという

監理の仕事は今日はおいておくことに

 * * *

棟が上がったあと

現場に誰もいない時間にて

大切なチェックです

木組みができて

空間の骨組みが見えたので

想像してきた空間が

施主の方と話してきたものにできあがっていくか

化粧の梁とタルキを見せた内テラス空間

 

木組みから想像:段原の家

リビングからキッチン・ダイニングの見え方

木組みから想像:段原の家

リビングの窓からの光の入り方

木組みから想像:段原の家

階段がつくる空間の広がり

 * * *

自分の体を空間の中に入れて

想像したものとの確認作業です

実はこの状態の現場が私は一番好きです

まだまだ先があるし

まだまだ変更もできる

設計は終わっていますが

出来上がるまでは

考えることは終わりません

棟上当日:段原の家

棟上当日:段原の家

8:00に施主・大工さんと工事関係者集合

建物の四方をお清めして工事開始です

棟上当日:段原の家

土台までは上棟準備で施工されているので

1階の柱から

長ほぞの柱は自立してしっかり立ちます

棟上当日:段原の家
棟上当日:段原の家

タルキを施工

棟上当日:段原の家

段原再開発地の一角に建ちあがりました

木材入荷:段原の家

木材入荷:段原の家

プレカット工場に材木のチェックに行きました

木造の構造体となる

土台・柱・梁です

 * * *

柱と土台は県産材および近県の桧材

梁は米松材を使います

 * * *

工場の中にある材木のほとんどが

集成材で材木を接着材で貼り付けたものです

世の中の流れは工場でつくられる材木

品質管理しやすい方へ向かっているようです

木材入荷:段原の家

材木は水分が15%くらいの時に

強度が一番強くなります

昔は時間をかけて自然に乾燥させていましたが

今は機械の中で乾燥させてしまいます

 * * *

設計者としては

どちらの材料の良さも理解して

適材・適所で使えたらよいと思います

基礎完成:段原の家

基礎完成:段原の家

昨年末コンクリートを打ち込んだ

基礎が完成しました

 *  *  *

土台と基礎をとめる金物

アンカーボルト(写真の短い金物)

柱を基礎をとめる金物

ホールダウン(写真の長い金物)

が施工されています

 *  *  *

1週間に一度の割合で現場監理

施工会社との打ち合わせを行なっていますが

今回は現場にて

寒空の中・パイプイスに座って

太陽の光の暖かさを感じながら

現場最前線を感じて

なぜか楽しかったです

お付き合いいただいた方々

風を引いてないとよいですが

基礎の配筋検査:段原の家

基礎の配筋検査:段原の家
基礎の配筋検査:段原の家

木造住宅の基礎は

一昔前は石が基礎の役割をしていましたが

現在は鉄筋コンクリートが主流です

* * *

鉄筋をチェックするポイントは

鉄筋の径・継ぎ手の長さ・

コンクリートのかぶりあつなどです

* * *

コンクリートの部分は

打ち込みの日以降強度が増してくるときの

天候が影響するので

予測してコンクリートの質を決めていきます

工事監理の開始:段原の家

工事監理の開始:段原の家

設計事務所の仕事は

お施主さんの要望をカタチにし

図面化していく設計の仕事

その図面通りに設計されているか

現場にて確認する監理の仕事に分かれます

*  *  *

耐震偽装問題を受けて

工事監理にもガイドラインができてきました

(監理内容)

同時設計士の業務に対して請求できる

報酬の基準の指針もできました

国交省ホームページ

*  *  *

一般的に建物は

設計者と監理者が木造の建物でも必要です

監理者により契約内容により

仕事範囲がきまり料金にも反映されます

*  *  *

今回は現場のやり方が終わりましたという

現場管理者(現場監督)の報告を受けて

図面通りの位置にやり方が出ているかを

確認にいきました

(図面の通り芯のようなもの)

いよいよ工事開始とともに

工事監理の仕事が始まります

地鎮祭:段原の家

地鎮祭:段原の家

本日は晴天のなか段原の家の地鎮祭を行ないました

地鎮祭は工事が滞りなく進むように

設計どおりに完成するように

また火災・風水害にあわないようにと

祈願するお祭りです

施工者の方も 私たち設計者も

そしてこれから住まれる施主のかたも

現場ですごすはじめて時間を

一緒に祈願することから工事ははじまります

地鎮祭:段原の家

現場で建物の位置の確認をしていただいたあと

上棟に続いて工事に入る瓦について

色決めです

現地の光の中で再度確認をさせていただきます

先に決まってしまいました:段原の家

先に決まってしまいました:段原の家

ダイニングの家具が決定しました

設計の段階で内装を決める時

家具もイメージしていただくようにしていました

家は見積もり調整中ですが

内装のイメージは変わることないので

先行して家具を購入されました

(家具によっては時間がかかるものもありますので)

時間を長くすごされる机とイスを選ぶポイントを

店主の方から伺いながら

施主さんの生活に合うものをえらばれました

先に決まってしまいました:段原の家

リビングでソファー代わりにも使えるイス

(生地は色が変わります)

テーブルは床材とおなじチーク材

大きさは予定よりすこし大きめのもの

座ったときの居心地を優先しました

実施設計終了:段原の家

実施設計終了:段原の家

設計図がすべて書き終わりました

設計図は施主が設計士に依頼して書いてもらう

家の注文書です

なのでお施主さんの方から

設計図を工務店さんに渡していただき

見積もりを依頼しました

実施設計終了:段原の家
実施設計終了:段原の家
実施設計終了:段原の家

実施設計中:段原の家

現場確認:段原の家

現場確認:段原の家
現場確認:段原の家

建物の大きさが固まってきたので

現場で敷地にどのように納まるか確認です

窓の位置や大きさも決まってきたので

現場で確認です

やはりその場に立って考えることは重要です

基本設計《後編》:段原の家

基本設計《後編》:段原の家

1階の床板は?

基本設計《後編》:段原の家

2階の床板は?

基本設計《後編》:段原の家

基本設計の後半は

これから実施設計に入るにあたり

各部屋のイメージや素材を大体に決めていただきます

そのなかでも床板の占める割合が高く

また施工後なかなか取替えの聞かないものなので

サンプルを取り寄せて選択してもらいます

基本設計 《中編》 :段原の家

基本設計 《中編》 :段原の家

段原の再開発地区は

6月1日から換地使用開始になり

いっせいに工事が始まりました

写真のお隣の建物は地元大工さんによって

建てられていますが

あとはほとんどハウスメーカーです

基本設計の中盤にはいり

平面計画と建物ヴォリュームが決まったので

構造的な検討をしながら建具の開き方等を決めていきます

また住宅設備と呼ばれる

トイレ・洗面所・キッチンなどを

ショールームに行って検討を開始します

基本設計 《前編》 :段原の家

基本設計 《前編》 :段原の家

第1回目の打ち合わせ

敷地に建てられる可能性を11案作成する

平面図ではなく部屋の配置図の様をして

どの位置辺りにどんな大きさの部屋をと

図面を全部見ていただく間に

お施主さんの話を聞いているうちに

求めているものの大枠が理解できる

第2回目の打ち合わせ

大枠をゾーニングが理解できたら

次に家の見え方を考えるため

模型と図面を7案提出

二階のテラスの乗せ方で

屋根のかけ方で

いろんなボリュームの建物ができます

基本設計 《前編》 :段原の家

お施主さんに選択されたのは

はじまり:段原の家

はじまり:段原の家

段原再開発地域の中の土地に

ご夫婦お二人の家を建てる仕事をいただきました

6月1日が仮換地の使用開始日にあたり

いっせいに周辺の土地は工事が始まってます

これから設計するにあたり周辺の動向を見て

ゆくっりとすすめていきます

今回の土地は2方向が道路に面しているため

玄関の位置の候補がたくさんあります

敷地に施主の方に同行していただき

玄関の位置をまず検討しました