ここから50年

解体開始:己斐の家

解体開始:己斐の家

生活道路に面した
外部ブロック塀を一部撤去することから
解体工事が始まりました
車の交通量も多いし通学路なので
ガードマンを要しての工事となります
つづいて行われる
建物の解体工事の準備として
ガスを切り離し
キッチン・洗面台・便器などの住設を給水から切り離します

解体開始:己斐の家

既存住宅で使われていた
障子などの木製建具は
改築後も補修して使う予定です
現場で保管ができる場所が確保できないので
建具屋さんが取り外しされて保管されます

解体開始:己斐の家

今回の解体工事は2段階にわけて
まずは解体専門業者
ブロック塀・屋根(屋根下に土)及び減築部分などの解体

次に木に関わる部分は大工さん
柱・梁などの構造体
長押などの造作材など
再利用できるように取り外していただきます

その前に現場監督が
壊す部分と残す部分の支持のテープ貼りと養生をされています

解体開始:己斐の家

欄間(ランマ)建具も取り外して保管
通風のために開け閉めができるようになっています
(一部は造作材の変形により取り外し不可でしたが)
扇の形などの塗回しの開口部が現れました

解体開始:己斐の家

採光・通気という機能に
意匠性を持たせた明り欄間
現在の建物の物差しである
断熱・気密に当てはめると
必要のないものですが
職人さんが家つくりを楽しんでいた時代の空気を
ここから50年も楽しんでいけるものにしように
改築していければと思います

工事開始前写真撮影:己斐の家

工事開始前写真撮影:己斐の家

己斐の街中にある
寄棟つくりの屋根
漆喰と木板の外壁

工事開始前写真撮影:己斐の家

玄関あがったところにある
取次という畳のスペース
お客様が迎え入れる時
座ってお迎えすると
お客様を見下さないようにできています

工事開始前写真撮影:己斐の家

南西に開いた縁側のある1階客間

工事開始前写真撮影:己斐の家

年明けから工事が始動しました
引越しを終えられて
工事準備がはじまる前に
写真撮影をさせていただきました
ものがきれいになくなると
本来の空間の姿がよく見えてきます
これまでのここでの生活に思いをはせ
ここからの50年を支える家をつくり始めます
工事前にきれいにお掃除された空間を見て
現場監督と気を引き締めました

工事開始前写真撮影:己斐の家

また設計時に伺った時に
撮影した写真を思い出しました
本日伺った時には掃除道具はありませんでしたが
階段の上り口に置かれた
ほうき
はたき
布団たたきなど
これまで住まい手がどのように暮らしてきたのかを
想像できる大好きな写真です