日々メンテナンス

雨どい掃除

雨どい掃除

近くの山の紅葉を楽しんだ後

落ち葉が毎秋飛んできます

駐車場の落ち葉は掃除できるのですが

雨どいは高いところなのでなかなか

流れを止められた樋には全体に落ち葉が

 

雨どい掃除

縦樋への接続分部は落ち葉が蓋のようです

雨どい掃除

4年で約3キロの落ち葉がたまりました

雨どい掃除

樋は高い位置にあるので

毎回掃除するの大仕事

なので対策をすることに

樋につけて水だけが雨どいに入るように

効果があるかのかどうか実験してみます

雨どい掃除

写真撮影は板金屋さんに

高いところはあぶないですからね

掃除もできないけどメンテナンスは大切です

できない方は業者の方に頼みましょう

クロスに塗装

クロスに塗装

2001年に竣工した家の施主(設計者の姉)から

内装クロスの汚れ

床板の汚れについて

メンテンスの相談をうけました

壁は紙のクロス:ルナファーザーで仕上げていました

子供が小さい間は汚すので塗装しない仕上げでした

自然粘土塗料クレイペイントでセルフメンテナンス

写真の色で部屋を塗り分けます

広島ではひつじ舎さんが扱っておられます

 

 

クロスに塗装

壁紙の汚れの目立つ

廊下・トイレ・ダイニングキッチン・寝室を

施主の子供たち(設計者の甥と姪)とともに

3日間かかって塗装しました

(1)掃除機でほこりをおとす

(2)塗ってはいけない部分を養生する

(3)縁を刷毛で塗る

クロスに塗装

(4)ローラーで下塗り

クロスに塗装

(5)乾かしてから仕上げの上塗り

寝室は真っ白に

クロスに塗装

トイレは水色に

床下をのぞこう

床下をのぞこう

家の床下空間をのぞいたことがありますか?

構造の組み方・下水道管の位置等を知っていますか?

床下を点検するために取り付けられている点検口から

昔の家ならば畳をはぐった部分から

床下に入れるようになっています

時々のぞいて

湿潤状態やシロアリなどを確認しておきましょう

ほとんどの家がほふく前進の状態なら

すべて見て回れますよ

明るい懐中電灯を手にぜひ一度探検を

親戚から相談があって床下に潜入してきました

下水のマス等を掃除した業者が

ついでに点検をと床下に潜り

防蟻材の散布を営業して帰り、契約したそうです

どのように説明されたか定かではないですが

・北側部分の根が入っている部分からシロアリが浸入しやすい

・床下が工事の時のごみがたくさんあるのでシロアリがつきやすい

・床下の束の隙間があるので金物をつける

などなど

電話で聞いている分には値段も高くはないので

工事をしてもよいのではと思いましたが

とりあへず、点検に

床下をのぞこう

シロアリがついてもこの家は軽量鉄骨なので

食われても床が抜けるだけで

骨組みが壊れることはなさそう

 * * *

写真を見せたて説明をしたところ

安心して住みつづけることがわかりました

業者に言われたことで

不安がまして倒れる前に防御できるならと

契約してしまったそうですが

自分の目で確かめたら

状態を確認できたので不安がなくなったそうです

クーリングオフをおこないました

自分の家の点検はまず自分で

もし業者がやってきても親切な業者なら

今時なら写真をとってもらえるのではないでしょうか

それも自分のカメラにとってもらった方が

(仕込みはいくらでもできるからね)

しっかり状態を理解しておきましょう