小さなことからリフォーム

賃貸から一軒屋へ④

賃貸から一軒屋へ④

完成写真です

賃貸から一軒屋へ④
賃貸から一軒屋へ④

構造的にどうしてもいる柱

賃貸から一軒屋へ④

賃貸から一軒家へ③

賃貸から一軒家へ③
賃貸から一軒家へ③
賃貸から一軒家へ③
賃貸から一軒家へ③

賃貸から一軒家へ②

賃貸から一軒家へ②

設計する前に

確認通知書と図面を貸していただきました

図面が残っていたことで安心しておりました

筋違もはいっているぞーと 

金物等の補強は必要かもしれないけど・・・

家の配置が図面と反対になっている時点で

気が付けばよかったのですが

解体してみると

90x30の筋違が一本のみということで

図面上にある筋違は施工してません

なんてことでしょう

こんなことがまかり通っていた時代なんですね

すぐに補強開始を指示

賃貸から一軒家へ②

天井をすべてとってみると

2階の隅柱が乗っている部分が

荷重を一転に受けて垂れ下がってました

2階のサッシ等のゆがみの原因をなくすため

梁と柱で補強をすることに

見積もり時点で解体できることはめったにないので

予算組が難しいのですが

一部解体してしることも必要かもしれません

あと時代背景から推測していくことも

賃貸から一軒家へ①

賃貸から一軒家へ①

自分と同じ年の家を改装することになりました

施主の祖母にあたる方が

宿舎だったものを購入されて

手入れをしながら暮らされていたものです

近くに賃貸住宅を借りて住まれていたお孫さんが

施主になり改装されます

 

 

賃貸から一軒家へ①

改装の緊急性がある部分

どれくらいここに住むのか

どんな暮らしをしていくのか

考えるとことがたくさんあります

賃貸住宅に家賃くらいの改装ではと

漠然とおもっていたのですが

その範囲は・・・

見積もりは要望MAXで

あとは予算を見て決めるということで

きれいに暮らされていたのですが

断熱改修と構造補強をするために

かべ・天井・床も改修することを優先しました

和室をダイニングキッチンに

和室をダイニングキッチンに

2階にあった夫婦の寝室を

加齢にあわせて一階に

ゾーニングがかわり

一階の和室部分をダイニングキッチンに

和室をダイニングキッチンに
和室をダイニングキッチンに
和室をダイニングキッチンに

既存の和室で使っていた

化粧柱と天井板を利用

メープルの棚板で収納たくさんの

ダイニングキッチンができあがりました

 

和室をダイニングキッチンに

学生賃貸物件リフォーム

学生賃貸物件リフォーム

入学のシーズンにあわせて

築25年の学生用の賃貸物件の

イメージチェンジのお手伝いさせていただきました

インターネットを無料で使えるようにしたらと

不動産に進められてつかえるようにしたものの

入居者が集まらず

お風呂とトイレが一緒のユニットだからと

言い訳をされていたようです

今回はイメージを変えるだけの2部屋

具体的にはクロスと収納の在り方をかえました

真っ白だけの賃貸の物件で印象に残ったのか

完成後すぐに入居者決定

学生賃貸物件リフォーム

こちらはオープンな押入れを作成使い方はお任せ

壁紙は写真ではわかりにくいですが淡い水色に

こちらも完成後すぐ入居者決定

学生賃貸物件リフォーム

最後の部屋はお風呂とWCを分けてみました

ゼブラ柄の床板にシンプルに白い壁

賃料のUP度は6000円だそうです

こちらも完成後そく入居者決定

設備が壊れていないのなら

こまめな手入れとメンテナンスと清掃の徹底

ここまでは当たり前として

小さなことを変えることで

部屋が若返るような気がします

費用対効果もばっちりです

学生賃貸物件リフォーム

賃貸物件はクロスの張替えが多く下地の処理に時間をとれないのか何重にも

クロスの裏紙が残ったままパテしてクロスが張られています

今回は職人さんの心意気で

サンダーを掛けて下地調整

その上に新しいクロスが張られました

気持ちの良い出来上がりです

そんなことも見えないですが空気として

建具リフォーム

建具リフォーム

マンションの一室の建具二つを取り換えました

生活されていくうちに

開き戸とクローゼットの扉がぶつかるので

それを解消するために

すべて引き戸に取り換えました

扉の開き勝手をかえることによって

スムーズになることも多々あります

建具リフォーム

クロスも張り替えることになるので

その部分に子供さんと旦那さんが絵をかかれました

楽しそうに絵を書くすがたは

遊園地などでもみたことがないほどだとおっしゃってました

建具リフォーム

クロスも取り換えは必要な部分だけにして

少しにぎやかな子供部屋へ

建具リフォーム

建具リフォーム

今回のご相談いただいたのは夏前でし

和室の風の通りをよくしたいとのこと

ハウスメーカーの設計の方と旦那さんお気に入りの

FIXの丸窓はそのままで

別の部分に開口を設けたいとのことでした

丸窓はそのものに求心力があって

その他に開口を設けるにひと工夫がいると思っていました

建具リフォーム

和室部分にはもう一つ掃出しの窓があり

いつもは人の視線が気になるので

まったく使われていない開かずの障子でした

形状は雪見の反対で上を下げるようにつくられていました

実際この掃出し窓を開けると相当な風が入ってきました

建具リフォーム

植栽も葉を茂らし、夏には少し外の垣根の部分に目隠しをして

ここを開放することに決めました

雪見も上も下もどちらも開けれるタイプにバージョンUP

結果発表は来年の夏まで持ち越しです