構造勉強会:久地の家

構造勉強会:久地の家

構造勉強会:久地の家

7月19日に構造見学会・勉強会を行いました

構造勉強会:久地の家

写真のような2段ほぞを使った

仕口で組んだ構造体について

現場監督の渡辺さんに説明していただきました

・木は本来曲がる性質があり

 それをいかに読み・いかに制御していくか

 (せりあいの工法)

・プレカットではまっすぐな切断面しかできないが

 大工さんが刻む仕口がいかに理にかなった構造か

・適材適所の木材配置などなど

構造勉強会:久地の家

大斗の役割と利点について

構造勉強会:久地の家

2段ほぞとわたりあごと金輪継ぎについて

構造勉強会は建築に携わっている方ばかりでしたが

このたびの工法で建てている現場をみるのは

皆さん初めてのようでした

私も含めて

同じ木材を使う場合でも

仕口により構造が長く・強くすることができるを

体感しました

施主・現場監督・大工さんの好意のおかげで

勉強会を開催できました

ありがとうございました