何をどーするんだ?

何をどーするんだ?

何をどーするんだ?

平屋部分を改装して暮らしたい

とにかくあたたかく暮らしたい

という

お話をいただいて現場へ

その建物を一階見るだけでほぼ理解できるのですが

今回の建物は難しい

年々建物が増築されて

さらに寿命の違う素材の混合している

その上に保障期間がまだある設備

『何をどーするんだ』ということをまとめる作業から

誰の寿命に合わせるの

施主の思いはどこにあるのか

そんなことを考えながら計画スタートです

複合問題を解くような感じです

 

1棟目:1964年に建てられた平屋 

    太陽光発電がのる

    セメント瓦 土壁上に波板補修

2棟目:1972年に建てられた2階建

    太陽熱給湯器がのる 

    セメント瓦 モルタル壁上に塗装

3棟目:1980年に建てられた2階建

    窯業系瓦 モルタル壁の上に塗装 

4棟目:亡くなられたお父様自作の物置