構造の補強(かためる系)

構造の補強(かためる系)

構造の補強(かためる系)

改築するとき

それは補強ができるとき

改築部は平屋なので

単体で動きが少なくなるように

かためる系の補強をしていきました

まずは既存の基礎を利用して

床組をレベル200あげて組みます

川が近いので床上浸水を多少でも防ぐため

 

 

 

構造の補強(かためる系)

その上に厚さ24ミリの合板で

床の水平剛性を高めます

(床の動きを止める)

 

構造の補強(かためる系)

既存の壁は土壁でしたが

今回は断熱補強も行うので

土壁は残さず

外壁の下地を合板張りに

揺れを防ぐようにします

構造の補強(かためる系)

屋根に関しても

瓦を取り換えるのと同時に

垂木の補強と

下地を合板張りにしました

構造の補強(かためる系)

新しい間取りに合わせて

柱および梁を追加していきます

LDKの大きな空間を支える

梁の大きさがたりないので

下から補強梁を入れて

側面に合板を張って仕上げます

既存の構造体と新しい構造体を

がっちりと合板で固めて補強終了です