竹原の家

リフォーム時にできることとは?

リフォーム時にできることとは?

家の調査が終了したので

計画を始める前に

施主の方にあらためて伝えさせていただきました

リフォームでできること

この家でやっておいた方が良い優先順位も

お話させていただきました

 

○構造的強度を上げていく

 (耐震性・梁柱の補強・金物設置)

○外壁・屋根の耐用年数をあげる

 (雨水の侵入を防ぐため)

○断熱性能・気密性能をあげる

○加齢に対応する

○間取りの変更

 (住人の変化・使い方にあわせて)

○設備の取り換え

屋根の耐用年数は?

屋根の耐用年数は?

家を雨から守っている屋根にあがってみる

セメント瓦が建てたときから葺いてある

54年が経っている

屋根材本来の耐用年数はすぎている

 

 

 

 

屋根の耐用年数は?

セメント瓦を葺いた家が竹原は多い

雨の量は少ないと聞いたが

基材のセメントの状態を考えると

家をリフォームするときに変えるのがよいかと

建築の大先輩に意見を聞きながら

施主に葺き替えをおすすめする

私が建築をはじめたときには

ほぼ施工されなくなった材料なので

 

屋根の耐用年数は?

7年前に太陽光発電をのせたとき

施工会社に屋根は大丈夫ですといわれたらしい

確かに雨はもってはなさそうですが

屋根の耐用年数については施工会社はどう考えていたのだろうか

保障についてはあと三年のこっている

太陽光発電をもう一度乗せるか等

検討することがたくさんあります

全部できればいいのでしょうが

予算があることなので優先順位を決めて計画する

 

 

図面通りにできているのか?

図面通りにできているのか?

最後の増築をした時の

既存建物の確認申請用の図面をお持ちだったので

それをもとに現況調査の開始

 

図面が保存してあるかどうかで

作業の手間が変わってきます

しっかり図面と書類はとっておきましょう

図面通りにはできてませんでしたが

現地調査の指針ができます

 

 

図面通りにできているのか?

計画を進める前に

建物の構造と理解しておかないと

押入れの点検口から

施主と一緒に屋根裏に

基本構造を理解してほこりまみれに

どこまで手を入れるか

見せれる梁や柱か

見てみないとわからないですよね

図面通りにできているのか?

野地板を見たら

雨漏りしているか等もわかります

梁が濡れているか

単に木の組み方を見るのが好きなのですか

時間の流れを感じる瞬間です

何をどーするんだ?

何をどーするんだ?

平屋部分を改装して暮らしたい

とにかくあたたかく暮らしたい

という

お話をいただいて現場へ

その建物を一階見るだけでほぼ理解できるのですが

今回の建物は難しい

年々建物が増築されて

さらに寿命の違う素材の混合している

その上に保障期間がまだある設備

『何をどーするんだ』ということをまとめる作業から

誰の寿命に合わせるの

施主の思いはどこにあるのか

そんなことを考えながら計画スタートです

複合問題を解くような感じです

 

1棟目:1964年に建てられた平屋 

    太陽光発電がのる

    セメント瓦 土壁上に波板補修

2棟目:1972年に建てられた2階建

    太陽熱給湯器がのる 

    セメント瓦 モルタル壁上に塗装

3棟目:1980年に建てられた2階建

    窯業系瓦 モルタル壁の上に塗装 

4棟目:亡くなられたお父様自作の物置